一行詩(十四)

一行詩(十四)なにゆえか耳たぶ熱し花の冷え


 
 なにゆえか耳たぶ熱し花の冷え 
 


(@2004年4月)

一行詩(十三)

一行詩(十三)十年ぶりの花を見に行く春日かな


 
 十年ぶりの花を見に行く春日かな 
 


(@2004年4月)

一行詩(十二)

一行詩(十二)春便りカーボンコピーされて来る


 
 春便りカーボンコピーされて来る 
 


(@2004年3月)

一行詩(十一)

一行詩(十一)新しい車いす来る春動く


 
 新しい車いす来る春動く 
 


(@2004年3月)

一行詩(十)

一行詩(十)大山にわが道を行く冬陽かな


 
 大山にわが道を行く冬陽かな 
 


(@2013年1月)

一行詩(九)

一行詩(九)東北には真(まこと)の阿弖流為(アテルイ)が生きている


 
 東北には真の阿弖流為が生きている 
 
続きを読む >>

一行詩(八)

一行詩(八)初雪に 一歩をしるす出会いあり


 
 初雪に 一歩をしるす出会いあり 
 


(@2003年12月)

一行詩(七)

一行詩(七)1本の指先が動かせるという幸い 百万馬力


 
 1本の指先が動かせるという幸い 百万馬力 
 

一行詩(六)

一行詩(六)先走る文字を鞘(さや)におさめる


 
 先走る文字を鞘におさめる 
 
続きを読む >>

一行詩(五)

一行詩(五)気持ちを通わそうとしない臆病風が吹いている


 
 気持ちを通わそうとしない臆病風が吹いている